『 最近の記事 』

大原三千院『夢あふれる終の住処(ついのすみか)』vol.4 完成編

『夢あふれる終の住処』の完成をご案内します。

 

着工から造園まで、1年以上の期間に及んだ大規模リノベーション。

途中いくつもの問題にぶつかりながらも、お客様の温かいご協力のもと、ついに完成することができました。

 

【 外観 】

 

s-kdr-3018-1

 

s-kdr-3042-1

 

s-kdr-3053-1

 

【 玄関ホール 】

 

s-kdr-3117-1

 

s-kdr-3128-1

 

IMG_0065

 

【 LDK 】

 

IMG_0045

 

s-kdr-3230-1

 

s-kdr-3226-1

 

s-kdr-3197-1

 

【 主寝室 】

 

s-kdr-3277-1

 

IMG_0224

 

【 書斎 】

 

IMG_0178

 

IMG_0173

 

 

この工事は、弊社としても沢山チャレンジのあるものでした。

そのチャレンジを乗り越えてこの完成へ到達できたのは、ひとえに終始温かくまた忍耐を持って接し続けて下さったお客様のお蔭に外なりません。

最後になりましたが、心より深くお礼申し上げます。

誠に有難う御座います。

 

引き続き末永い御贔屓の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

s-kdr-3097-1

 

Broged by 松山一磨 & 前田直子

下京区平岡町 昭和の古家を町家へリノベーション VOL.2

昭和の古家。

「町家へのリノベーション」の続報をおとどけします。

 

前回に続いて工事前の状況です。

 

DSC_0887

 

DSC_0888

 

無計画に工事のされた露出の配管工事。

増設されたであろう2階のキッチンへと延びています。

 

DSC_0911

 

階段から2階の各居室

 

DSC_0944

 

DSC_0931

 

DSC_0935

 

DSC_0948

 

 

先程の露出配管の先にあるキッチンです。

 

DSC_0940

 

 

2階の奥(南側)にある鉄製のバルコニー。

 

DSC_0951

 

DSC_0950

 

 

綺麗に改装するということだけでなく、補修・補強が必要な家であることは明らかです。

次回は、工事中のご案内をさせて頂きます。

 

 

Bloged by 松山一磨&曽根亜矢子

大原三千院 『夢あふれる終の住処(すみか)』 vol.3

前回は、完成時には見えなくなる箇所、耐震構造部や断熱材についてお伝えしました。

今回はデザインに関わる表面的な造作についてご案内していきます。

 

京都の町家建築のシンボル的な造作

『花台』

丸い彫り込みを9個組み合わせた飾り板のデザイン。

このデザインを有する『花台』は当社施工のものになります!?

 

1

 

同じく京都の町家建築に欠かせない造作

『木格子』

同じ家であっても、その場所ごとに少しづつサイズを変更して、より美しいバランスを心掛けています。

 

2

 

3

 

 

外壁の化粧庇と付柱そして付梁。

外壁の大部分に耐震のための補強パネルを施工し、ほぼ全ての柱が見えなくなっています。

それを補うためのデザイン的造作です。

 

4-1

 

4-2

 

4-3

 

ご主人様の書斎の造作テーブルと本棚です。

1.8m✕5.9mという細長いスペースの部屋。

既製のデスクでは納まりがしっくりこないので、大工造りでご提案しました。

 

5

 

6

 

LDKの上部の天井は、撤去して吹き抜けの勾配天井を造作しました。

天窓から隣接する山の大木と空が望めます。

横に伸びる茶色の梁は、元からこの家に有った古いものです!

 

7

 

さて、次回は建物の完成をご案内致します。

 

Bloged by  松山一磨 & 前田直子

下京区平岡町  昭和の古家を町家へリノベーション Vol.1

戦後建築のどちらかと言うと無計画に建てられた⁉ 古家。

町家風にリノベーションしたいという強いご希望です。

 

外観は・・・

DSC_0845

 

DSC_0842

 

DSC_0843

 

昭和40~50年代を想わせる姿。

 

これはこれで風情があるのです。

ただ、町家への道程はとても厳しい状況です ‼

 

 

1階内部は・・・

 

DSC_0984

 

DSC_0857

 

2帖ほどの土間があり、奥はキッチンと階段。

とても窮屈な空間です。

 

DSC_0851

 

DSC_0859

 

表の和室と中の間のリビング的な和室。

 

DSC_0860

 

キッチンから食事が出せるように対面式の戸棚が造作されています。

 

建築当時の施主様のご希望だったのでしょうね・・・!

 

床下・・・

DSC_0969

 

DSC_1001

 

床下の空間高さが少なく、下地にあたる束と大引きの固定がされていません。

 

またダイレクトに地面とつながり、白蟻対策の配慮も欠けているように思われます。

 

床下の掃除が出来ていないことから、かなり慌てて工事を進められたことが想像されます。

 

昭和40~50年は、日本の高度経済成長の入り口にあたる時代。

このような建築がたくさんされた時代です。

 

次回、引き続き工事前の状況をお伝えします。

 

Bloged  by  松山一磨 & 曽根亜矢子

下京区荒神町 『蔵』の三層住宅へリノベーション vol.1

築年数の浅い3階建ての一般住宅ですが、お客様より「町家風にして欲しい。」というご要望を頂きました。

1階から3階まで総建ちのズドン!?とした建物です。

あれやこれやと検討して、三層建ちの『蔵』をイメージしたプランをご提案しました。

外観は・・・

before 北野

 

before 北野 DSC_2685

 

before 北野 DSC_2687

 

before 北野 DSC_2688

 

角地にある家です。

上手に『蔵』をイメージした建築ができたら、見ごたえのあるものになりそうです。

 

内装は・・・

DSC_2691

 

DSC_2694

 

玄関ホールです。

DSC_2732

 

DSC_2719

 

DSC_2722

 

DSC_2728

 

WC、洗面、浴室。

とても綺麗で、そのままでも十分お住まいになれる状態です。

 

1階居室。

 

DSC_2706

 

DSC_2704

 

階段から2階LDK。

 

DSC_2761

 

DSC_2740

 

DSC_2744

 

DSC_2748

 

 

まだまだ新しいこの現代のお住まいがどの様に変わるのでしょうか?

次回は工事中の姿をご紹介致します。

Bloged by 松山 一磨 & 前田直子